つっぱらない洗顔料!

洗顔後のつぱっりでお肌に起こってるコワ〜いこと

洗顔後のつっぱりは、「洗いすぎ」や「ゴシゴシ洗い」、「洗浄力の強い洗顔料」などが大きな原因。

 

つっぱりを感じた時のお肌は実際どのような状態になっていると思いますか?

 

そもそも、健康な角質層(肌の表面)には、約20〜30%の水分が含まれていると言われています。

 

角質層が潤っていれば、本来の機能を果たせますので、水分蒸発、外部刺激などからも、肌細胞を保護する役割をします。

 

 

これが20%を切ってしまうといわゆる乾燥肌になってしまいます。

 

肌がつっぱるという自覚症状が現れている場合は、水分量が10%を切っているときです。
肌細胞が砂漠となっている状態と言っていいでしょう。

 

本来あるべきバリア機能を、洗顔で洗い流してしまっているので、水分はどんどん蒸発してしまうのです。

 

 

 

お肌は皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質の3つが、連携プレーで肌細胞から水分が奪われないように保護しています。

 

正しい洗顔方法で、お肌にあった洗顔料を使って洗顔したとしても、皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質は、多かれ少なかれ落とされてしまうのですが、できる限り、このダメージを最小限にするこが、洗顔後のつっぱり感やピリピリ感からお肌を守る方法です。

 

つっぱり洗顔をそのまま続けることは、肌老化を早める要因を自ら作っているものなのです。

洗顔後のつぱっりでお肌に起こってるコワ〜いこと関連ページ

あなたは大丈夫?間違い洗顔チェック
知らずにやってるかもしれない、間違い洗顔。間違った洗顔は、お肌に深刻なダメージを与えます。「何か肌の調子が悪い…」という人は、洗顔に問題があるかもしれません。
洗顔でつっぱっても化粧水多めで取り戻せる?は間違え
洗顔でつっぱっても、「いつもより多めに化粧水つければ大丈夫でしょ」なんて、思っていませんか?過剰に皮脂を取られたお肌は、そんな簡単に戻れません。
洗顔後のつっぱりが肌トラブルを招くワケ
洗顔後のつっぱり感は、過剰な皮脂を取り過ぎて角質層が乾燥しているサイン。乾燥した角質層は肌トラブルを引き起こします。
洗顔後のケアが実は一番大切!
洗顔後のつっぱり感は、過剰な皮脂を取り過ぎている乾燥サイン。肌トラブルの代表的な原因である乾燥を改善すべく、つっぱらない洗顔を探し求め、使用感や成分、効果、口コミを徹底的に調査!優秀と判断した洗顔料たちをご紹介しています。